2019年01月18日

『アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール』

アアルトの建築の細部に注目した作品集。
いきなりドアノブの章から始まる。
それは建物で最初に人の手が触れるところなのだから。

大量生産された工業化部品ではないが、さりとて緊張を強いるような工芸品とも違う、リラックスした感じを与える細部が探求されてきた、その軌跡。

質感を作り出すとはこういう行為なのかと知るための、作る人のための教科書である。写真だけでなく、ちゃんと要所の図面も載っていて、モノとしてどう作られているかがよくわかる。

ただ、デザイナーとしては、どうすれば、今日のコスト感覚と生産システムの中で、このような質を実現できるのか、という課題を思わざるを得ない。

2019年01月01日

謹賀新年

平成己亥

56742440675 B0BD5763 23E6 458B B455 499F2CFCC227 旧年中はお世話になりました。 今年もよろしくお願いいたします。

本江正茂
Masashige Motoe

東北大学大学院工学研究科
都市·建築学専攻
都市·建築デザイン学講座
ITコミュニケーションデザイン学分野

〒980-8579
仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-06
tel. 022 795 5028
motoe@tohoku.ac.jp
www.motoelab.com
twitter

Map on Google

アーカイブ