« 形の科学シンポジウム | メイン

日本デザイン学会 第65回春季研究発表大会

大阪北部地震の影響が懸念されましたが、2018年6月22-24日に大阪工業大学で開催された日本デザイン学会 第65回春季研究発表大会

に参加しました。本江研究室からは、昨年の修士論文をもとに下記の発表を行いました。

  • 片岡 さくら , 本江 正茂: 地域住民との共創によって更新される震災伝承展示システムのデザイン

また、本江はFDCでのPBLデザインスタジオから、下記についても発表しています。

  • 赤坂 文弥, 渡辺 浩志, 木村 篤信, 井原 雅行, 本江 正茂: Butterflies Big Fish:生活者と呼応する共創的デザインプロセス
  • 坂川 侑希, 山田 哲也, 本江 正茂: ユーザ経験に着目した共創型ワークショップのデザイン

梅田駅前にある超高層ビル1本丸ごと大阪工業大学でした。教室と食堂と図書館ぐらいしか見れていませんが、大変立派な環境でした。

About

2018年06月26日 02:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「形の科学シンポジウム」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。