« 建築ITコミュニケーションデザイン論 2018年度 | メイン

『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』

文字通り、日本のBGMの歴史。英語のBGM=劇伴の背景音楽ではなく、店舗などでかかる和製英語の BGM。ヒットチャートとは異なる巨大な音楽市場の実像。ディスコグラフィも充実。喫茶店定番BGMから、お笑いとそのBGM(松旭斎すみえからにゃんこスターまで)などたくさんのリストが載っているのも楽しめる。ぜひプレイリストを配信して欲しい。

About

2018年05月10日 17:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「建築ITコミュニケーションデザイン論 2018年度」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。