4.自治体による震災メモリアル施設整備の現状?仙台市と山元町の事例から(08/25 14:53)


と題して、災害研で定期的に開催されているカジュアルな研究集会、第48回IRIDeS金曜フォーラムで発表します。

http://irides.tohoku.ac.jp/event/irides-forum2017/20170825.html

<画像:NewImage>

?

事前申し込み不要で、無料ですので、お時間あればぜひ。

私が基本計画策定や展示の実装等に関わった、被災自治体の東日本大震災メモリアル施設について、コンセプトから具体的なデザインワークまでを概観します。対象は、仙台市の「せんだい3.11メモリアル交流館」「震災遺構 仙台市立荒浜小学校」、山元町の「山下地域交流センター防災情報展示コーナー」「山元町立旧中浜小学校」。いずれも地域交流施設と震災遺構とを一対と位置付け、市民の積極的・持続的な参加を志向するものとなっています。

番組詳細については上記のURLをご確認ください。私の話はともかく、石塚直樹(一般社団法人みやぎ連携復興センター代表理事)さんの「地域復興に向けた支援の『いま』?みやぎ連携復興センターの取組から」や、島田明夫(東北大学公共政策大学院 (兼)人間・社会対応研究部門 防災法制度研究分野)先生の「東日本大震災からの復興まちづくり法制に関する研究」もお聴きいただけます。

?

4/2454

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

管理人:Masashige MOTOE

Powered by
MT4i v2.1