4.『縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望』(03/03 17:13)


<画像>
著者 : 山崎亮
PHP研究所
発売日 : 2016-11-15
様々な分野における「参加」の潮流についての教科書。多くの参考文献や事例が、著者の経験と絡めて紹介される。「と感じる」と著者が多用するのは、読者が「事実」の列挙に満足してしまうことなく、自ら経験し体感してみましょうよと誘っているのであろう。
リーダーシップを他者に求め、何かを断言してくれる人を待望するような態度の人が増えているように思われる時期でもあるからこそ、こうした(いい意味で)煮え切らない態度でニコニコしている人の意味があるように思う。海士町の「お誘い屋さん」のモデルがここでも生かされているのだろう。

4/2453

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

管理人:Masashige MOTOE

Powered by
MT4i v2.1