3.『アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール』(01/18 13:37)


<画像>
著者 : 小泉隆
学芸出版社
発売日 : 2018-03-02
アアルトの建築の細部に注目した作品集。
いきなりドアノブの章から始まる。
それは建物で最初に人の手が触れるところなのだから。

大量生産された工業化部品ではないが、さりとて緊張を強いるような工芸品とも違う、リラックスした感じを与える細部が探求されてきた、その軌跡。

質感を作り出すとはこういう行為なのかと知るための、作る人のための教科書である。写真だけでなく、ちゃんと要所の図面も載っていて、モノとしてどう作られているかがよくわかる。

ただ、デザイナーとしては、どうすれば、今日のコスト感覚と生産システムの中で、このような質を実現できるのか、という課題を思わざるを得ない。
3/2467

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

管理人:Masashige MOTOE

Powered by
MT4i v2.1