20.『天才たちの日課』(07/03 16:50)


<画像>
フィルムアート社
発売日 : 2014-12-15
偉大な業績を残した人たちが、忙しい日常の中で、どのようにして仕事の時間を確保し、モチベーションを保っていったか。

「天才」と聞いてつい想像されるような、破天荒な生活を送っていた「天才」はほとんどいない。皆、煩雑な日常を恨みつつ、集中力を発揮して、淡々と仕事をこなしているのだった。みんな苦労している。

加齢とともに集中力は失われる。カフェインによって、薬によって、社交は犠牲にすることで、すなわち「日課」によって、創造性を保とうとする。

ジョン・アップダイクは言う。「書かないことはあまりにも楽なので、それに慣れてしまうと、もう二度と書けなくなってしまう(p.292)」

がんばろう。
20/2453

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

管理人:Masashige MOTOE

Powered by
MT4i v2.1