1.建築ITコミュニケーションデザイン論 2017(04/11 13:34)


< ページ移動: 1 2 >

本江正茂  2017年4月12日(水)

担当教員

本江正茂 Masashige Motoe

年次・学期

News

8/2は休講として、授業日程をずらします。スケジュールを確認してください。(2017.6.22)

7/19は修士論文中間発表会となったため休講とし、予備日の8/2に第13回を行います。(2017.4.27)

講義の趣旨

建築とITコミュニケーションを統合的なひとつのデザインの問題として考える。

オフィス、学校、図書館などの建築空間の多くは、その内部で情報の授受を行うことが主要な役割であった。しかし、近年の情報技術の革新によって、建築空間と情報の関係は大きく変化した。これからの空間と情報のデザインを考えていくためには、両者の相互作用を根本的に見直す必要がある。両者は別々の分野ではなく、そのデザインにあたっては総合的に検討されなければならない。この講義では、テクノロジーのみならず、社会学、芸術、哲学、認知科学などの分野にも視野を広げ、空間と情報にかかわる諸理論と事例を展望する。

受講に当たっては、必ずしも予備知識は必要ない。履修後は、空間と情報の相互作用に関する常識的知識の一端を獲得することによって、両者を見渡した地点から、新たな問題を考えはじめられるようになることが期待される。


< ページ移動: 1 2 >
1/2446

次の記事へ >
一覧へ戻る

管理人:Masashige MOTOE

Powered by
MT4i v2.1